ファイナンシャルプランナー(FP)資格の分類

ファイナンシャル・プランニング技能士

2002年4月、職業能力開発促進法に基づき「ファイナンシャ ル・プランニング技能士」という国家資格名称独占資格)が生まれました。 ファイナンシャル・プランニング技能士資格は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」の合格者に与えられる資格(称号)です。 ファイナンシャル・プランニング技能士は、1級技能士から3級技能士までの等級があります。

AFP

AFP,CFPともに日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が認定する民間資格です。 AFP(ア フィリエイテッド ファイナンシャル プランナー=日本FP協会認定普通資格)とは日本FP協会認定校の研修を受講し、その研修終了後AFPの試験を受け、合格し、日本FP協会に登録(入会金 10,000円・年会費12,000円とライセンスの維持・更新のために継続教育(2年間で15単位・有料)が必要。)することによりAFPの資格を得る ことができる資格です。 また、AFP合格者にはファイナンシャル・プランニング技能士2級も与えられます。

CFP®

CFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー® =CFP® 認定者) とは、CFP BOARD(米国CFP資格認定委員会)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が提携し導入された国際ライセンスになります。 極端な話、これらの資格を持たなくても「ファイナンシャル・プランナー」を名乗り、仕事は出来ます。 しかし、資格を得ることで幅の広い知識を持っているというお墨付き=高い信頼感を得られることは、持っていない人と比較すれば、価値の高いことは十分理解できると思います。   【PR】見やすい!わかりやすい!株式情報。10秒で分かるテクニカルチャート世界中の市場から最良銘柄をセレクトし投資情報配信オラクルトレード