「企業」タグアーカイブ

iPhone無双!アップル「超優秀決算」の衝撃 たった3カ月で7447万台も売れていた

米国西海岸時間1月27日午後2時、アップルは2015年第1四半期(10~12月)決算を発表した。今回の決算は2014年10月から12月、い わゆるホリデーシーズン向けに投入した新製品の売り上げが含まれており、iPhone 6・iPhone 6 Plus、iPad Air 2、Retina化されたiMacなどの評価を図る決算として注目されていた。

決算はひとことで言えば、市場予想を凌駕する、「超優秀」な 内容だ。全体で見ると、アップルは同四半期に746億ドルの売り上げと、純利益180億ドルを計上した。利益率も39%。こちらも向上している。アップル の全売り上げにおける海外比率は65%となっている。米国外での売り上げが大きい米国企業は、昨今のドル高の影響で業績を落としているが、アップルはそん な影響を軽くはねのけてしまった。

■iPhoneは中国での増加が目立つ

主役は、なんといってもiPhoneだ。アップルは年末の3カ月に、iPhoneを約7447万台も販売した。この数字は前年同期比で2345万台、46%の増加となり、当然これまでの販売の最高記録だ。

iPhoneについては1月〜3月の2015年第2四半期にも6000万台の売り上げが見込まれており、引き続き、好調な販売が続くと見られる。

過去の記事でiPhoneの強さについて指摘しているが、最も大きいのは高いブランドとロイヤリティを維持している点だ。既存のiPhoneユーザーの8割以上が新型iPhoneを利用し続ける点は、成熟しつつあるハイエンドスマートフォン市場における絶対的な優位性を持っている。

そして2点目はディスプレイの大型化によって、ライバルであるAndroidスマートフォン、とりわけサムスン電子からシェアを奪うことに成功した点だ。その結果は中国・韓国でより大きな効果を生んでおり、中国ではiPhoneがスマートフォンの販売でトップに躍り出た

このことはアップルの決算にも表れており、中国での売り上げは前年同期比の7割増加した。今後、iPhoneの売り上げは、米国よりも中国での台数が上回るようになり、中国がアップルにとって非常に重要な市場へと急速に転換していくことが分かる。

ティム・クックCEOは、中国での直営店が20店舗に到達し、2016年半ばまでに倍の40店舗をオープンさせる計画を明かした。また、オンラインセールスは、過去5年間の売り上げの合計をこの四半期で上回る好調さだったという。

なお、日本での売り上げも、円安ドル高の影響を受けながら、8%向上している。

■iPadは売り上げ・単価ともに低迷

絶好調のiPhoneはアップル全体の約7割の売り上げを占めるようになった。一方で、これまでも不調が伝えられてきたiPadは、新機種iPad Air 2・iPad mini 3をもってしても、そのトレンドを変えることはできなかった。

iPadの売り上げは約2420万台で、前年同期比18%の減少となった。これまでで最も薄い6.1mmを実現しディスプレイのクオリティを向上させたiPad Air 2を前四半期にリリースしたが、最も売り上げが拡大するホリデーシーズンでも減少が続いている。

実際にiPad Air 2を手にしてみると、特にディスプレイの性能の高さと薄さが際立つ製品だが、iPhoneの画面拡大による魅力の減少と、PCのような長期の買い換えサイクルの存在によって、成長が鈍化している。

アップルは決算発表の場で、IBMとの提携によってiOSデバイス向けのビジネスアプリケーションが130社以上に導入され、12のアプリケーションが今後リリースされることを付け加えている。

一方Macも、前年同期比と比較して14%増の約552万台となった。売り上げも9%向上しており、OS X YosemiteによってiPhoneとの組み合わせ・連携を強化したことから、iPhoneユーザーにとってのMacの訴求力が高まったとみることができる。

待望のウェアラブルデバイスApple Watchについて、Tim Cook氏は、「2015年早期」という約束を守るべく、4月に出荷を開始することを明らかにした。

Apple WatchはiPhoneと組み合わせて利用するウェアラブルデバイスで、既に2014年9月9日のiPhone 6・iPhone 6 Plusの発表会時に披露され、その後2014年11月にApple Watch向けアプリを開発することができるWatchKitを開発者向けに公開している。

その後情報の少なさ、発売までの時間の長さから消費者の関心をやや失いつつある中での発売のタイミングの発表は、製品を待っている購入希望者にとって嬉しい情報となるだろう。